屋外で使うためのマグネット

屋外で使うためのマグネット

屋外で使うためのマグネット マグネット印刷で何か1つ作りたいのだとしたら、屋内の物でしたら一般的な仕様で構いませんが屋外で使用する事を考えている場合は雨や風、紫外線等に強い素材にする必要があります。例えばマグネット広告を作ったとして、雨に濡れた場合には、マグネット印刷のマグネット部分は無事でも肝心の広告部分が滲んでしまい見えなくなってしまえば広告の意味を成さなくなります。他にも水気を含んで内容が読めなくなった広告には、汚いイメージが付いてしまって、宣伝に負の印象が付きまとってしまうデメリットも考える必要が出て来ます。
これ以外の面で考えるにしても、マグネット部分と印刷部分が途中で中途半端に剥がれてしまう様な事があっても、イメージ戦略としては良くありません。その点を考量するのであれば、塩ビ素材にラミネート加工を施した上で、水に強い様に調整する事が必須課題となります。可能ならばその上で、色あせや色滲み防止という事で耐候性溶剤インクを使う位徹底しておけば申し分ありません。此処まで徹底しておけば、屋外でも十分に見栄えのするしっかりしたマグネット印刷の品が出来上がります。

日焼けが目立たないデザインが最適

日焼けが目立たないデザインが最適 マグネット印刷は、屋外で使う場合には日焼けの心配がありますし天候による劣化も気になりますので、UVカットラミネート加工を施してあるものを使うのがポイントです。オーダーなら、UVカットラミネート加工がありますので外で使う予定ならそれを採用する必要があります。
マグネット印刷は、金属に張り付けられるのでとても便利ですが長く良い状態を維持しようとすると、はじめの材料選びはとても重要です。耐久性の良いものを使っておくと、後からコストパフォーマンスの良さを実感することができます。マグネット印刷は、ネットから簡単にオーダーすることができますし参入している業者も多いので、比較して安いところを選ぶのが良いでしょう。
デザインはオーダーもできますし、時間を短縮したいならテンプレートを利用する方法もあります。日焼けをすると、見た目も悪くなりますし屋外では雨による影響も心配です。ラミネート加工でUV対応のものなら、その心配もなくなります。