屋外では色褪せする?

屋外では色褪せする?

屋外では色褪せする? マグネット印刷は薄いマグネットシートの表面に文字や画像などを印刷するもので、ステッカーのように糊で貼るのと違い繰り返し貼ったり剥がしたりできるため用途が広いのが特徴です。
屋外で利用する機会も多く、頻繁に掛け替える必要のある看板や、外壁に傷を付けたくない場合などによく使われます。
最近のマグネット印刷は業務用のインクジェットプリンタを使って印刷するのが主流になっており、低コストで大量生産が可能です。
ただし、プリンタ用のインクは紫外線に弱いため、長期間屋外に掲示していると色褪せが起きやすいという課題があります。
これを防ぐには、発注時に耐候性溶剤インクを使用するよう依頼するのがおすすめです。
このインクは、紫外線の刺激を受けても色褪せがしにくいという特性があります。
また、マグネットシートの上からさらに透明なフィルムシートを貼るという解決法もあります。
UVカット機能のあるフィルムなら、強い耐光性を持っています。

マグネット印刷を屋外で使用した場合の落下を防ぐには

マグネット印刷を屋外で使用した場合の落下を防ぐには マグネット印刷は広告媒体として常に優れていますが、屋外で使用すると落下する恐れがあるので注意が必要です。
下を歩いている歩行者に怪我をさせることが考えられますし、車のボディに取り付けている時などは後ろの車に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

こうした事態を防ぐためにも、屋外でマグネット印刷を使用する際には定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。
具体的にはきちんと張り付いているか確認を行い、表面さらには貼り付けられている面に関してもきれいに清浄することです。
特に砂やほこりなどがついてしまうと張り付く力が弱まってしまい落下の危険があります。
一度はがしてきれいに汚れを洗い流すことが効果的な対策です。

貼り付ける面にデコボコがないかどうかも注意するようにしてください。
平滑であればあるほどピッタリと張り付くのですが、そうでないとずり落ちてしまいます。
車のボディや看板などは薄い鉄板で作られているため、衝撃によってデコボコになりやすく、定期的な確認が重要です。